レッジョ-エミリア/ベアータ-ヴェルジーネ-デッラ-ギアーラ... - Secret World

Corso Giuseppe Garibaldi, 44, 42121 Reggio Emilia RE, Italia
18 views

Rania Nadal

Description

ギアラの祝福された聖母の聖域は、レッジョ-エミリアの街の中心に立っており、レッジョ-エミリアの市民の心の中で打ちます。 都市と聖域の間の深いつながりは、古代の起源を持っています。 この特別な信仰の記念碑は、実際には驚異的な奇跡の結果として生まれました。 1596年、レッジョのアペニン山脈にあるカステルヌオーヴォ-モンティのネイティブである若いマルキーノが、マリアのしもべの庭の壁に描かれたギアラの聖母のイメージの前に祈りの中で29日の朝に行ったのは、その時であった。 ガルゾン街の序列で、祈りに夢中になった若いマルキーノは、突然、奇跡的にそして驚異的に癒されました。 彼は彼の聴覚を取り戻し、すぐに彼の舌を成長させ、スピーチの使用を許可されました。 主に司教によって同じ年に制定された正典プロセスの行為によって文書化された奇跡,その後、教皇クレメンスVIIIの承認を得て.次の年バシリカの建設は、建築家アレッサンドロ*バルボとフランチェスコ*パッキオーニによって始まりました. 今日、大聖堂は、フレスコ画や漆喰のサイクルで、奇跡的にそのままの整合性で保存十七世紀エミリアンのすべての偉大な絵画や芸術をまとめたも 女性への神社は、すべてがマドンナの母親の姿に戻って、まだ今日の若いマルキーノが奇跡的で、マリアン寺院の豪華な礼拝堂で崇拝されたイメージにつながります。 クラウン、金細工の素晴らしい仕事は、1674年にペストから街を保存したためにマドンナにレッジョのコミュニティによって寄付され、博物館に保存され、目に見えます。 聖域は、フレスコ画のサイクルに加えて、また、グエルチーノと呼ばれるジョヴァンニ*フランチェスコ*バルビエリによって足元にマドンナと聖人とキリス