RSS   Help?
add movie content
Back

フィリッポ-ブルネレスキのド ...

  • Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI, Italia
  •  
  • 0
  • 47 views

Share

icon rules
Distance
0
icon time machine
Duration
Duration
icon place marker
Type
Arte, Teatri e Musei
icon translator
Hosted in
Japanese

Description

1418年、オペラ—デル—ドゥオーモはドームの建設のための公開競争を発表し、200金のフロリンのハンサムな賞と永遠の名声のショット-勝者のために。 当時の主要な建築家は、自分のアイデアを提示するためにフィレンツェに群がった。 多くの不確実性の後、オペラ-デル-ドゥオーモはフィリッポ-ブルネレスキをキューポラ-プロジェクトの監督にすることに同意し、ブルネレスキの仲間の金細工師ロレンツォ-ジベルティを共同監督に任命した。 二人は1401年以来、ライバルであり、フィレンツェの洗礼堂のための新しい青銅の扉を争っていた。 ギベルティが優勝した。 今、そのキューポラのための設計があからさまに受け入れられていたブルネレスキは、彼の勇敢に成功したライバルと並んで作業を余儀なくされました。 ドームの建設は1420年8月7日に始まった。 アーチやドームを構築するための通常の方法は、"集中"と呼ばれる足場でそれをサポートすることでした。"しかし、大聖堂のオープンスペースは42メートルの幅であり、フィレンツェ人は背の高い、高騰ドームを望んでいました。 トスカーナのすべての木材は、センタリングを作るのに十分ではなかったでしょう。 ブルネレスキは、作業が進むにつれてそれ自体をサポートするような方法で足場なしでドームを構築することになりました。 ドームのためのBrunelleschiの解決は独創的、革新的、高価だった。 解決すべき最初の問題は純粋に技術的なものであり、当時の既知の持ち上げ機構は、砂岩の梁を含む非常に重い材料を地面から遠く離れて持ち上げて操縦することができませんでした。 ここでBrunelleschiは自分自身をoutdid。 彼は木の耕うん機およびcastelloを回す牛の単一のヨークによって動力を与えられるギヤ、滑車、ねじおよびdriveshaftsの複雑なシステムが付いている三速の起重機、一連のカウンターウェイトおよび手ねじが付いている65フィート高いクレーンを右の高さに上げられたら負荷を横に動かすために発明した。 ドームの八角形の形は洗礼堂のそれによって完全に促される。 ドームの全構造は形態および物質両方で軽く、細いように設計されています。 実際には、ドームの八角形のドラムから8つのセグメント、帆、スペースで区切られた2つのシェル上に配置されて立っています。 Brunelleschiは、彼の時間の前にほとんど知られていないヘリンボーンのレンガ造りの定期的なコースをキューポラの質感に織り込み、構造全体に追加の堅牢性を与え 建設の年間を通してBrunelleschiは作業現場でより多くの時間を費やしました。 彼は様々な寸法のレンガの生産を監督し、採石場からの選択された石と大理石の供給に出席しました。 彼は石工や石工、大工、鍛冶屋、鉛ビーター、barrelmakers、水キャリア、および他の職人の軍隊を率いました。 ドームを構成する要素の中で最も重要なのは、当時流行していた黄金の割合の使用です。 この傑作を熟考する際には、そのビルダーは、その部品のそれぞれの間のバランスと調和を利用していることに気づく。 各建築要素は支持構造なしで立つと同時にドームの安定性に貢献する。 これらの重要な要素のもう一つは、ランタンであり、その上に1472年にVerrocchioによって建てられた青銅のボールが載っています。 ボールを配置するために、彼らはBrunelleschiによって発明された機械を使用しました。 若いLeonardo da Vinciは、この困難な作業を助けた見習いの中で考え出しました。 ドームは美および工学の傑作、時間の開拓の構造であり、多くの点で無比に残る。 幻想の巨匠として、ブルネレスキはフィレンツェで人々に存在しなかったものを信じさせたことで知られていました。 そのドームの建設は、八角形のドームがどのように立つことができたか、すなわち、皆の前に横たわっていた結果を提供した"手品"が何であったかについての議論の年を巻き起こした! 今日でも、広範な研究が行われ、多くの新しい発見がなされているが、建築家Filippo Brunelleschiによって発見された独創的な解決策は何であったかについての議論が

image map
footer bg