Back

ユリウス-ポリュビウス家

  • Via dell’Abbondanza, 80045 Pompei NA, Italia
  •  
  • 0
  • 31 views

Share

icon rules
Distance
0
icon time machine
Duration
Duration
icon place marker
Type
Siti Storici
icon translator
Hosted in
Japanese

Description

これは2番目のセントからのものです。 BCとブロックのほとんどを占めています。 入り口には"最初のスタイル"で装飾された閉じた環境が続きます(塗装された模造門は、"第二のスタイル"で、前の出入口が閉じられたポイントを隠します)。 使用人の宿舎には、キッチンと塗装されたララリウムがあり、ラレス(国内の神)を崇拝する:これらはヘビagathodemone(囲炉裏の保護者)と天才、世帯の頭の保護者で、上部に描かれている。 ペリスタイルには、木製のワードローブと家のドアの石膏キャストが含まれています。 私たちは、白い背景の上に、後半の"第三のスタイル"に起因する絵画を賞賛することができます。 トリクリニウムには神話の主題の有名な絵があり、アンフィオンとゼトゥスによってディルセに与えられた苦しみを説明しています:前者は母親を虐待した罪を犯していたため、罰のために荒れ狂う雄牛に縛られていました。 この部屋では、掘削機は貴重な食器の山(おそらく家の中で進行中の建設のために)と、彼の腕の中にトレイかもしれないものを保持しているアポロの

image map
footer bg