RSS   Help?
add movie content
Back

ボヴィーノ-"イタリアで最 ...

  • 71023 Bovino FG, Italia
  •  
  • 0
  • 57 views

Share

icon rules
Distance
0
icon time machine
Duration
Duration
icon place marker
Type
Siti Storici
icon translator
Hosted in
Japanese

Description

"牛"という名前は、紀元前217年にカンナエの戦いの前にハンニバルがそこにキャンプしたときに、すでにローマの支配下にあるラテン語Vibinum[2]に由来しています[3]。 ハンニバルとローマ人の間の戦いはカンヌではなく、セローネ渓谷のCastelluccio Valmaggioreの近くで行われたと主張する人もいます[4]。 "彼はArpiの周辺からIrpiniの領土に入った。.. 彼らの領土内のラテン植民地であるベネヴェントゥムの領土を荒廃させた。..»[5] 中世初期の要塞化されたセンターでは、969年にそれを引き裂いたロンバルドパンドルフォTestadiferroによって包囲されたので、ザクセンのオットー Iの助けを借りてビザンチンから、ベネヴェント公国の主権に戻しました[6]。 971年以来、司教座は現在、フォッジャ=ボヴィーノ大司教区の一部である。 Secolo III世紀から、街はヴァッレベルデの聖母に捧げられ、1265年に若いlegnaiuolo Niccolo[7]に登場し、彼女の名誉のために聖域が建てられました。 リソルジメント山賊の間、ボヴィーノはサンタガタディプーリアのジュゼッペ-スキアボーネ中尉の支援を受けて、ハゲタカのカルミン-クロッコ-ディ-リオネロのバンドに占領された。 興味のある場所 第二世紀に再建されたセコロの後半にビザンチン様式で建てられた大聖堂は、1935年に修復されました。 内部には1608年にさかのぼる司教Giustinianiの墓、十八世紀初頭のバロック合唱団とM.Pretiに起因する貴重な絵画がありますサンセバスティアと題された

image map
footer bg