RSS   Help?
add movie content
Back

ハウス オブ フェイス

  • 25056 Ponte di Legno BS, Italia
  •  
  • 0
  • 36 views

Share

icon rules
Distance
0
icon time machine
Duration
Duration
icon place marker
Type
Panorama
icon translator
Hosted in
Japanese

Description

簡単にアクセスできる美しいデスティネーション&エグレイブ。ペッツォの集落からポンテ ディ レーニョ、カゼ ディ ヴィーゾの小さくて特徴的な村まで続いています。ポンテ ディ レーニョの北にあり、ガヴィア峠に通じる谷を上り、ペッツォ (ポンテの最後の集落) の近くで右折し、ヴィーゾ谷に入ります。ヴィソ渓谷とエグラーヴ。典型的な U 字型の氷河の谷で、その端が& egrave;第一次世界大戦の第一線が走ったアルビオーロとアルビオリーノのピークに囲まれています。 ペッツォに向かって登る最初の曲がり角を過ぎて車を降りると、市街地から森と空き地が交互に続くラバ道をたどって入ります。すぐ近くに野生動物観察所があり、シカ、アイベックス、シャモアなどの野生動物を見つけることができます。上り坂を過ぎると、Case di Viso の村が見え始めます。村とegrave;特徴的で、元の石造建築をそのまま維持している家で知られています。一部は 19 世紀にさかのぼり、9 月 8 日の休戦後のナチスの報復の現場でもありました。 かつてカゼ ディ ヴィーゾはペッツォの山の牧草地でした。夏の間、各家族は牛(4/5以上)を連れて緑の牧草地の草に近づきました。搾乳された牛乳は、シフト乳製品工場 (何年もの間、シフト乳製品工場が 2 つありました) に運ばれ、そこで凝乳され、バターとチーズに変わりました。このモード山の牧草地の数は、ヴァッレ・カモニカの他の地域で実践されているものとは異なり、代わりに、異なる家族からの牛を積んだアルプスのリーダーによって管理されたマルガ、または各家族が独自の牛乳を作ったトレンティーノの閉鎖農場に似た単一の農場がありました。 . 家々を歩くと、歴史と芸術の空気を吸うことができます。村に到着したら、egrave;小川の流れに沿って家々の間を通り抜けるように中の小道をたどることができます。町の後、常に約 1 キロのラバ道をたどると、品揃えの豊富なピクニック エリアに到着します。

image map
footer bg